起業におけるお悩み解決!

それって脱税かも!?契約違反!?正しい知識を身につけましょう

フリーランスが契約書で注意すべき点

フリーランスとしての働き方には多くの魅力があります。収入の保証が無い代わりに自分の采配によって、成果は幾らでも求めることができるからです。そのためにも、契約書には十分に注意を向けることが大切です。依頼主とのトラブルを引き起こさないためにも、お互いに合意したことはきちんと文字にして記載しておくことが必要となります。

報酬の額はもちろんのこと、成果に関する条件は細かく決めておく必要があります。それぞれが考える品質に差異があると、トラブルの原因となります。また契約書に盛り込む内容として、納期はもちろんのこと、成果物に対する修正の事項も添えておくと安心できます。納期ぎりぎりに納品した後では、修正活動を行う余裕が無くなる場合があるためです。また依頼主は仕事の経過における細かな指示を出すことができないために、求める品質を確保するために具体的にその内容を詰めることが大事です。

フリーランスにとっても、その方向性が分かればどの程度の品質を確保すれば良いのかを把握することができるからです。そしてその求められる品質をいかに追求するかが、この働き方の魅力でありやりがいでもあります。そして依頼主に求められる以上の品質で納品することにより評価が高まり、さらに条件の良い仕事を獲得することにもつながります。このような好循環を生み出すためにも、また無駄な作業を行うリスクを減らすためにも契約書で細かく同意した内容を記載しておくことが大事となります。

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>