起業におけるお悩み解決!

それって脱税かも!?契約違反!?正しい知識を身につけましょう

個人事業主が税務調査を乗り越えるために

個人事業主として働いていると、税金の処理については適切に行わなければならなくなります。税金関係のことはおろそかにしていると、数年に一度の税務調査の際に困ったことなります。おかしな記帳の仕方をしていると、税金の優遇措置が受けられなくなったり、最悪の場合には脱税の疑いをかけられてしまいます。

そうならないために、普段からきちんと記帳して、適切に会計処理をしておかなければなりません。ですが、経理の知識がないと、こうした仕事は難しくなります。個人事業主の人でそうした方面に弱いのであれば、簿記のスキルを持った人を雇うなどする必要があるかもしれません。

税理士の先生に仕事を依頼するのも一つの手でしょう。税務調査は数年に一度ではありますが、過去数年分遡って調査されることとなるので、毎年適切な会計をしておく必要があります。その手の仕事に強い人材を確保することが、人を雇う上で重要なこととなります。会計処理は、事業を円滑に進めていくためには必要不可欠な部門に間違いはありません。まずは会計知識が豊富な人から雇っていくのがセオリーでしょう。

税理士資格を持った人を雇うと、どのようにすればよりお得に節税ができるかのアドバイスももらうことができます。経営についても下手な経営者以上の知識がありますから、心強いパートナーになってくれることが確実です。法人化するタイミングに合わせて、こうしたスキルを持っている人材の確保を狙ってみてはいかがでしょうか。

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>