起業におけるお悩み解決!

それって脱税かも!?契約違反!?正しい知識を身につけましょう

フリーランスが必要とする契約書について

フリーランスが必要とする契約書はなにも自分のものだけでは無いものです。独立して仕事をする上で、どうしても人手が欲しいと思うことがあるものです。あるいはやがて法人化するという目標を掲げたりもするものです。そこで必要となるのが、人を雇う際の契約書となります。長期に雇うとなれば、正社員とすることが必要です。そうなると社会保険に加入するなど、様々な手続きが必要となりますし、まだその準備ができていないこともあります。

そこで、人材を雇う上で雇用期間を限定する契約書を結ぶ必要が出てきます。期間を定めることにより、あくまでもアルバイトやパートとして雇うことができるようになるからです。そして人手を雇う経験を積みながら、やがて組織化するための準備を整えることもできるようになります。フリーランスから法人化し、そして人材を確保して組織を大きくするという道筋をつけることができるわけです。さらにはアルバイトとして雇う中で、優秀な人材を確保することもできます。あるいは指導教育をしながら優秀な人材に育てることもできます。そのようにして将来の組織のための人材確保をすることを前提に、人を雇うことも可能となります。

たとえフリーランスであっても、繁忙期には人を雇うことができますし、その経験を活かして会社を興すことも可能となります。少しずつ準備を進めることができる点で、まずは期間を限定するアルバイトを雇うことは様々なメリットを生むことになります。

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>